健康快適住宅『FPの家』をオススメする理由

FP構造イラスト

一年を通じて最も快適で過ごしやすい時期を想像してください。

おおよそ5月の上旬から中旬、入梅前の寒くもなく暑くもなく、ちょっと運動すると汗ばむくらいの時期を思い浮かべるのではないでしょうか。

気温でいうと20℃前後、湿度50%程度の爽やかな快適さ。この春の気候が一年続いてくれれば、どんなに気持ちよく、楽に過ごせることかと、誰もが思うでしょう。

その一年を通じて春のぬくもりをそのまま保ち続けるのが、健康快適住宅『FPの家』です。


 
高性能の秘密はFP高断熱ウレタンパネル 

 

FPパネル木造住宅は、コンクリートの基礎の上に木造の柱と梁を組み上げ、屋根と壁を加えることで出来上がっています。

そして、暑さ寒さを防ぐため、ほとんどの家で断熱材を使用しています。

断熱材の多くは壁や床、天井の内側に充填されますが、それぞれの厚みがほぼ決まっているため、断熱性能の高い断熱材を入れるほど、外気温の影響を受けないことになります。

『FPの家』の断熱材は、現在住まいに使われる断熱材としては最も高性能なFP高断熱ウレタンパネルを使用。

どれくらい高性能かというと、一般的に使われているグラスウールと比べて、同じ厚さなら約2倍の断熱性能を発揮します。

もちろん、それだけで冷暖房が半分になる、というわけではありませんが、かなりの節約になることはご理解戴けると思います。

一年中春のぬくもりを保つ一番の秘密は、このFP高断熱ウレタンパネルにあるのです。

 
『FPの家』の特徴
 
『FPの家』に住まわれている全国のお客様から下記のようなお言葉を頂いています。
 
その一部をご紹介いたします。

 

VOICE01 来た人に、「床暖房なの?」と聞かれるんです。実際違うというとみんな驚かれます。冷え症でも住んでいて楽です。
VOICE02 高血圧だった母の体調が良くなって、お医者様も太鼓判を押されて喜んでいます。家がどこも暖かいので体への負担が少なくなりました。薄着で、活動的になりました。
VOICE03 子ども二人のひどかった喘息がFPの家に入ってから発作が少なくなり、薬も減って、吸入もしなくなって、お医者さんへの足も遠のきました。
VOICE04 どこも部屋の温度が同じなので、風邪を引かなくなって、三人の子どもが小学校で一度も欠席がないんです。
VOICE05 この家に入居してからは、持病の扁桃腺の炎症が全くおこらなくなりました。この3年間、全く病気に無縁でした。健康住宅だな、ということを身をもって感じております。
VOICE06 心臓外科医の立場からも、FPの家に大変興味を抱きました。というのも、高齢者のいるご家庭では、温度差のない家が一番なのです。医者の立場から見て、とくにお年寄りは急激な温度変化により心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす恐れがあります。温度差のない家で家族の健康を守る。これが、私がFPの家にした大きな理由ですね。
VOICE07 この家に住んで長女のアトピーが完全に治ったのは驚きました。赤ちゃんの頃から先天性のアトピーだったので治るのはあきらめていたのですが…。クリーンでやわらかな空気に包まれてくらすことがアトピー治療に最適であることを実感しています。

 

FPの家ホームページ>>『FPの家』ホームページ
 
>>『FPの家』お客様の声